利用形態




フレキシブルなBIアーキテクチャによりさまざまな利用形態が選択可能です
組織においては、いかなるプラットフォーム、アプリケーション、インフラ環境であろうと、経営層および現場双方のレベルでの充実した情報に基づいたタイムリーな意思決定が求められています。Jaspersoftが提供するモジュール形式かつ標準に準拠したスケーラブルなアーキテクチャは、あらゆる環境において容易に配備することが可能なフレキシビリティを提供します。


Big Data
NoSQL、Hadoop、MPP分析データベースなどのBig Dataのためのネイティブなレポーティング。それを可能にしているのが、データソースに依存しないJaspersoftアークテクチャです。Big Dataを含め、ほぼすべてのデータソースを使用したレポーティングが可能です。


SaaS型
BI 競合他社より先んじて新たな収益確保の必要性に迫られるSaaSプロバイダのために、インタラクティブなレポート、ダッシュボード、分析機能を低コストで容易に自社サービスに組み込むことを可能にします。


クラウドBI
クラウド型BIを配備することで、予測不能でアドホックな要求への対処やPOC環境の迅速な構築が可能になります。
スタンドアロンBI大規模な組織から小規模な組織までのあらゆるBI推進チームが低コストで迅速にJaspersoftフルスイートのセルフサービスBI機能を配備しエンドユーザーの意思決定のレベル向上を可能にします。


組込み型BI
Jaspersoftを使用することにより、ISVおよびIT部門のアプリケーション開発チームはコアな開発作業に集中して自社製品および社内アプリケーションに低コストで容易にセルフサービスBI機能を組み込むことができます。